☆水泳スイミング 小学校水泳授業対応レッスン個人指導 神奈川県大和市新小5男の子

○レッスン日時
2018年
5月9日(水)
16時15分から90分間

○レッスン場所
神奈川県

○お客さま住居学年性別
神奈川県大和市新小5男の子

○レッスン内容
水泳レッスン

○目標/現況
<以前の内容>
目標25メートルをクロール
顔はつけられるが泳ぎの練習経験無し

○コーチ氏名
さいとう まさゆき



【今回上手になった(できた、意識した)こと】

〈蹴伸び〉
サッカー部でかなり蹴り込んでるのもあり、必ず右脚での壁スタートで3〜4mになってしまうため、左脚スタートを猛特訓。
それでもなかなか癖はとれなく、完全ではありませんが、10回に1度は両脚スタートで5メートルまで行く事が出来ました。

〈バタ足〉
やはり、片脚スタートが目立ち、バタ足入れて5mでしたが、両脚スタートが決まると、6mまで行く事が出来ました。

〈背浮き〉
浮くまでの補助は必要ですが、ひっぱれば3mくらい流す事が出来ました。

〈クロール左継ぎ→右継ぎ〉
一年ぶりで、左腕があがり、右腕はあがらず完全に泳ぎを忘れてしまい、1からスタート。
普段から左を向いて寝ているようで、
序盤、左継ぎでやりましたが、どうしても水飲んでしまうため、右継ぎに切り替えると、十中八九息を吸う事が出来ました。
①キックが、四方八方掻き混ぜていたため、つま先を揃える特訓。
②腕が下がるとお水を飲むため、大きくゆったり振り上げる特訓する事、
記録がぐんぐん伸びていき、
①流れるプールは30m超え
②25mプールでは20m
(苦しくなったのではなく、水着が脱げそうになってひっぱって立ちました)泳ぐ事が出来ました。
水着をすぐにひっぱりあげようとして立つことがとても多く、疲れてないのに勿体無い場面が目立ちました。
トランクスのレジャータイプではなく、学校体育のような練習用水着を着用して練習に臨んでください。
また、片脚スタートがかなり癖になってとても勿体無いスタートになっています。
縄跳びで両脚跳びをやってみましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック