☆水泳スイミング平泳ぎタイムアップレッスン個人指導 東京都港区小4男の子

○レッスン日時
2017年
7月28日(金)
14時30分から60分間

○レッスン場所
東京都

○お客さま住居学年性別
東京都港区小4男の子

○レッスン内容
水泳
平泳ぎタイムアップレッスン

○目標/現況
学校検定があり、平泳ぎ20秒短縮しましたが、あと11秒短縮したい。
水泳
平泳ぎタイムアップ
飛込みスタート指導は不要です。

○コーチ氏名
さいとう まさゆき



【今回上手になった(できた、意識した)こと】
前回のレッスンで平泳ぎ50mが2分10秒から1分23秒までスピードアップし、
あと3秒で学校検定に合格するという事で、平泳ぎの欠点を探るべくレッスンに取り組みました。

〈平泳ぎ片脚キック〉
①左足が煽り脚になっていた
②閉じ脚が甘く水を押し切れていなかった
ことより、これを特訓。黙っていてもしっかりとつま先で力強く蹴り、水を挟むことが事ができました。

〈一掻き一蹴り〉
潜りが浅く、ほぼ水面上で蹴りが空振り4m止まりだったため、
3.5m付近にいるさいとうの腕の下を潜ってから一掻き一蹴りを特訓。
一掻き一蹴りで5.5mが当たり前なりました。

〈両手タッチターン〉
前回は泳法に時間をかけたため、初レッスンです。
当初、水の中で両腕全体に水圧をかけて2〜3秒以上かけてあわてて後ろを向いていたために、
壁でバランスを崩し一掻き一蹴り入れて2.5mほどでした。

これを改善すべく宙に振りかぶり瞬時で後ろを向く特訓。
厳しい修行の末、両手タッチから、壁キックのバネまで1秒あればしっかりと
タイミングを取れるようになり、一掻き一蹴りで4m超えターンは確実なものとなりました。

〈クロール 最後だけ〉
こちらも小学校の検定事項にあり、フォームチェック。
①手がおばけのように下を向き水を掘っていた。
②両腕とも外側に開き、一掻きごとに水圧を受けていた
ことより、手をまっすぐ伸ばし、まっすぐ放り込む練習。
確実に速さをあげたため、かなりスピードが上がりました。

最後までしっかりと話を聴いて頑張ることが出来ました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック