☆水泳スイミング学校体育水泳授業対応レッスン個人指導 神奈川県横浜市港北区新中1男子

○レッスン日時
2017年
4月4日(火)
14時30分から75分間

○レッスン場所
東京都目黒区

○お客さま住居学年性別
神奈川県横浜市港北区新中1男子

○レッスン内容
水泳お水慣れレッスン

○目標/現況
水に顔をつけることを怖がり、
浮き輪等なしで水に入ることができませんでした。
小1~小6夏までを水泳授業のない****で過ごし、
苦手な水泳からはさらに遠ざかり、
全く泳げない状況でここまできてしまいました。
しかし、海やプールで浮き輪を使って遊ぶことは好きでした。
自力で水に浮かぶ、泳ぐことができません。
4月から進学する中学にはプールがあり、水泳授業は避けられません。
9月からの水泳授業までに、まずは顔を水につけられるところから、
クロール、平泳ぎができるレベルまでになりたいと息子自身が考えております。
運動は4歳からサッカーをしています。
マンツーマンレッスン希望です。(75分)

○コーチ氏名
さいとう まさゆき


【今回上手になった(できた、意識した)こと】
お水なれから、3回目のレッスンとなります。
今日は、出だしから手を繋がなくても全く問題ない状態で
練習を開始する事が出来ました。
今日1日ゴーグル無しのレッスンとなります。

《蹴伸び》
自由遊泳コースの壁にある階段に、しっかりと10本の指をひっかけ、
何度も3コース(約5m)ほど綺麗な一本槍で進む事が出来ました。

《バタ足》
同じく自由遊泳コース横を使い、最初は、やはり3コースでしたが、
キック特訓の末、自由遊泳コースの端っこである6.5mを泳ぎきる事が出来ました。

《クロールの掻き》
①プールサイドで特訓
②水の中で立って特訓
③水の中で肩まで浸かって特訓
しっかりと、利き腕でない左腕を大きく廻すことが出来ました。

《息継ぎ》
鼻から息をだして口から吸う特訓をし、
大きく腕を廻しながら天井を見る気持ちで息継ぎする事が出来ました。

《クロール》
①まずは、蹴伸びからスタートして1回目の呼吸を特訓。
落ち着いて息継ぎをする事が出来ました。
②腕を廻しながら2回目の息継ぎを特訓。
利き腕でない左腕が廻せず大変でしたが、最後にしっかりと大きく廻すことで、
遊泳コース横6.5m泳ぎきる事が出来ました。
初めての息継ぎ練習でとても身体が疲れたと思いますが、
最後まで諦めずとてもよく頑張りました。


【今後の課題】
①今日から本格的にクロールに入ったので、焦る事はありません。
まずは左腕を右くらい大きく廻せるように、お家でも腕の廻しを練習しましょう。
②息継ぎに焦りがあります。
プールサイドでもやりました。
寝る前に布団の上で構いません。
左腕を伸ばして、左半身全て床につけて、
右半身を浮かせて天井を見て静止する練習を頑張りましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック