☆水泳スイミング 水泳飛び込みスタートレッスン個人指導 神奈川県小2男の子

○レッスン日時
2017年
3月2日(木)
17時から90分間

○レッスン場所
神奈川県横浜市

○お客さま住居学年性別
神奈川県
小2男の子

○レッスン内容
水泳飛び込みスタートからの
浮上タイムアップレッスン

○目標/現況
水泳 飛び込みから浮き上がり
水泳タイムアップのため、
飛び込みから浮き上がりまでの指導をお願いしたいです。

○コーチ氏名
さいとう まさゆき



【今回上手になった(できた、意識した)こと】

初レッスンになります。
飛び込みから浮き上がりまでの時間がかかるという事であり、
まずは、泳ぎの基本姿勢から見ていきました。

《蹴伸び》
頭はしっかりと入ってるのですが、
足が開いていたので、これを修正。
一本槍状態の綺麗な蹴伸びになりました。

《水中蹴伸び》
5メートル付近のビート板の下を難なく潜り抜ける事が出来ました。
が、一度潜るとなかなかあがって来ないので、
ビート板潜り抜けたら、手を雑巾がけにして、
背中をそる事ですっとあがってくるようになりました。

《バタ足》
真ん中の12.5mまで余裕で行けるのですが、
頭が出ていてずっと水中の中を進み、
なかなか水面にあがって来ない状態でした。
頭をしっかりと入れて、手は雑巾がけにする事で、
水面の上をバタ足する事が出来ました。

《ドルフィンキック》
両膝を曲げてのキックで伸びず、あがって来ないので、
少しイルカ潜りの練習をしてからまたドルフィンやった結果、
身体に少しうねりが出てきて、伸びるドルフィンキックで水面に出てくるのも楽になりました。

《飛び込み》
もともと得意ではなく、クラウチングスタートで身体が安定しない状態から
頭を出して顔面からすとーんと深く潜っていたため、おしりまで座って、
両足の指をひっかけてバネの力で雑巾がけスタートを特訓。
しっかりと両足のバネで跳ねて、入水時は頭をしっかりと入れて、
手は雑巾がけのままに持っていくことができ、深すぎず、浅すぎず、
最後は背中を反って綺麗な蹴伸びですっとあがってくる事が出来ました!
ドルフィンや、一掻き一蹴りの特訓もし、
飛び込み開始時よりもぜんぜん前に伸びるようになりました。

《平泳ぎ》
やはり、蹴伸びの時のように、足をしっかりと閉じていないのと、
頭を出す癖があり、もったいない泳ぎでしたのでこれを特訓。
25m18掻きだったのが13掻きまで減らす事が出来ました。

《クロール》
試合!試合!と言わんばかりの泳ぎでした。
平手で水面を叩くようになっていたので、これを特訓。
自分よりもっと前の水をもらいに行く事で、伸びるクロールになり、
25m23掻きだったのが18掻きまで減らす事が出来ました。

《クイックターン》
ターンのあと、どうしても蹴伸びが3m付近までしか伸びないので、これを特訓。
ターン時に、向きをしっかりと前に向けてからしっかりと両足で壁を蹴って、
頭をしっかりと入れて蹴伸びする事で5mまで伸ばす事が出来ました。
とてもよく頑張りました!



【今後の課題】

基本姿勢が大切です。
そのために、蹴伸びは不可欠です。
蹴伸びで、しっかりと頭を入れて、
足も綺麗に閉じるをしっかりと頑張りましょう!

飛び込みも、
①しっかりと両足で跳ねる
②しっかりと頭を入れる
③手は下に向けない雑巾がけ
④蹴伸びしたら背中を反る
これを頑張りましょう!
先ほどやった雑巾がけの壁タッチでトレーニングできますのでやってみましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック