☆水泳スイミングお水慣れ 中学校体育 水泳授業対応レッスン 個人指導 神奈川県横浜市港北区新中1男子

○レッスン日時
2017年
3月28日(火)
14時30分から75分間

○レッスン場所
東京都

○お客さま住居学年性別
神奈川県横浜市港北区
新中1男子

○レッスン内容
水泳お水慣れレッスン

○目標/現況
<以前の内容>
*歳頃に夏休み等の短期スイミングに2回参加しましたが、
水に顔をつけることを怖がり、
浮き輪等なしで水に入ることができませんでした。
小1~小6夏までを水泳授業のない海外で過ごし、
苦手な水泳からはさらに遠ざかり、
全く泳げない状況でここまできてしまいました。
しかし、海やプールで浮き輪を使って遊ぶことは好きでした。
自力で水に浮かぶ、泳ぐことができません。
4月から進学する中学にはプールがあり、水泳授業は避けられません。
9月からの水泳授業までに、まずは顔を水につけられるところから、
クロール、平泳ぎができるレベルまでになりたいと息子自身が考えております。
運動は*歳からサッカーをしています。
マンツーマンレッスン希望です。(75分)

○コーチ氏名
さいとう まさゆき



【今回上手になった(できた、意識した)こと】

今回2回目のレッスンとなります。
前回は、顔付けから伏し浮きまでで終わりましたが、
今回も始めは大変でしたが、
少しずつ水という大きな壁に、勇気をもって向かっていくことができました。

全レッスンゴーグル無しです。

《息だし》
口・鼻からしっかりと息を出すことが出来ました。

《この指何本?》
心の準備が必要でしたが、しっかりと眼を開けて
1問目から間違うことなく5問連続正解することが出来ました。

《潜る》
プールの底におしりや両手、お腹をつく。
最初は一緒に手をつないでやりましたが、一人で何回も潜れるようになりました。

《背浮き》
強め補助が必要ですが、
引っ張ると力の抜き加減が少しできるようになりました。

《蹴伸び》
【前回】補助からの伏し浮きで7秒
【今回】補助からの伏し浮きを特訓し、
初めて自分一人で浮くことが出来、5mまで進むことが出来ました。

《ばた足》
初練習となります。
膝を曲げることなく綺麗につま先を伸ばした状態で打ち進む事が出来、
特訓の末、遊泳コース横6.5mを泳ぎ切る事ができました。

《息継ぎ》
最後5分ですが、鼻から出して口から吸うの繰り返し練習を、
疲れることなくできました。

今日は一人で蹴伸びが出来てから、
一度も心の準備がいらなくなり、とても成長できたのではないでしょうか。
弱音を吐かずにやり続けた特訓は素晴らしいものでした。



【今後の課題】

《背浮き》
まだ身体が怖がっています。
お布団の上で、蹴伸びの状態で腕枕を作り、
力を抜いて一本槍になる練習を頑張りましょう。

《息継ぎ》
息継ぎの方向が右に決定するところまで来ました。
右で息が吸えるようにおうちでも腕をまわして、天井を見る気持ちで頑張りましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック